豊明市観光協会 とよあけ桶狭間ガイドボランティア

とよあけ桶狭間ガイドボランティア

戦況

永禄3年(1560)5月12日今川義元は駿府(静岡市)を出発した。途中で軍勢を増やし18日には豊明の沓掛城に約2万5千人を率いて入城、尾張大攻撃の軍議を開いた。

織田信長は、5月19日未明清洲城出陣に際し、幸若舞の敦盛を舞い、馬上の人となった。清州城を出るときは、主従わずかに6騎であったが、途中人数が増え熱田神宮では千人余りになり、鳴海の丹下砦・善照寺砦・中島砦を経て、坊主山の北の山道を通り田楽狭間の北0.7km太子ヶ根の山陰に軍勢3000人で待機した。

5月19日の朝に今川軍本隊は沓掛城を5000人で出陣、鎌倉街道の二村山→間米→田楽狭間→瀬名氏俊の作った本陣予定地のコースで行軍し、尾張攻略拠点大高城に向った。

今川軍本隊の隊列は2~3kmで、先頭が緑区桶狭間にさしかかったとき、織田軍の佐々・千秋隊300人に急襲され、今川軍の行軍は止まった。この時、今川義元は田楽狭間で手元の兵を先頭に走らせ状況を探らせた。義元の元に佐々・千秋隊殲滅、丸根砦・鷲津砦攻略の報が届き、義元は喜び田楽狭間を昼食用の仮本陣とし、酒宴を開いた。折から北西から黒雲が沸き起こり、暴風雨となった。

雨が止むと、太子ケ根の山陰にひそんでいた織田軍本隊は義元本陣の西の山を廻り、西と南からこれをおそった。

今川軍本陣は大混乱になり東に敗走するが、深田に足を取られ、300騎で守られていた本隊は100騎50騎と減り、義元本人も打ち取られた。今川軍本隊の戦死者2500人 織田軍の戦死者830人、時間は2時間という一瞬の出来事であった。

戦いは今まで、1箇所の戦場で「奇襲攻撃」や「正面攻撃」と言われていましたが、2箇所の戦場で「陽動の初戦」・「信長と義元が直接戦った奇襲本戦」の2回の戦いがあった事がわかりました。

桶狭間合戦図

 

注1:信長行軍ルートは『桶峡間図』蓬左文庫及び『塩尻』を参考にした推定

注2:今川義元行軍ルートは『桶狭間合戦名残』による推定

注3:時間は推定による仮説

関連リンク